2017年02月28日

親亀と金環の目覚め2017

2月28日、親亀と金環の6頭を屋外へ移動しました。
移動ついでに計量も。
親亀たちの体重はこちらへ覚書:
柚子(父親) 561g
神輿(友達) 704g
桂花(母親) 1499g

ニックネーム e at 00:00| 全員の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

親亀と金環の目覚め

昨日は思うほど気温が上がらなかったものの、
ずっと静かだった大きな亀たちの冬眠箱から物音がしだしました。
そのため、箱のある部屋に一晩出したのち、
本日屋外飼育へ切り替えました。

毎年のことですが、大抵外へ出した半日後から食べだします。
今年は親亀たちは放したとたんに食べ始めていました。
かなりゆっくり寝てもらっていたので、時間をかけて起きる準備が
整っていたのかもしれません。
P3170954.JPGP3170955.JPG
オスエリアとメスエリアの間は粗いメッシュになっていて、
富士山は行き来が可能、金環はメスエリアで生活予定です。
また、まだ小さい富岡は、目を放している間は屋外ケージ内です。

今シーズンも楽しい屋外タイムを全員で無事に迎えることができました。
ニックネーム e at 17:00| 全員の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

富士山と富岡の目覚め

2月14日。
夏日になるかと思われたこの日、
近隣の緑地や公園ではヒキガエルやミズガメが
わさわさと起き出し、水場はとても賑やかでした。
P2144091.JPGDSCN3447.JPGDSCN3438.JPG
その日、そこそこの温度を維持していた子ガメ水槽の
富士山と富岡もまた、「おなかすいたー」と起き出しました。
P2154102.JPG
水槽内の温度は変わらなくても、やはり外気は影響するんだな、と
こういうときにいつも思います。

そう書いておきながらも、
完全日陰エリアに配置している大人と金環はがさついていません。
こちらは完全に春になってから、ゆっくり起きてくると思います。
ニックネーム e at 00:00| 全員の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

くず(葛)

最近めっきり更新していないのは、
この夏から全員ほぼ屋外飼育となったため、
定期的に身体測定をしていないことが理由です。
全員とても元気にしています。
猛暑日は富士山・富岡のみ屋内退避してもらい、
親たちと金環は、屋外で自由に日陰を渡り歩いてもらっていました。
(そのため金環はだいぶ甲羅に擦り傷があります。)

そんな中、全員にとっての「初めて」が久しぶりにありました。
くず(葛)を食事として採用。
全員美味しく戴いていました。

P9300468.JPG「んまい」富士山と富岡

冬はどう過ごしてもらおうか、考え中です。
ニックネーム e at 21:41| 全員の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする